今さら聞けない?バイアグラ通販の基礎知識を徹底解説

バイアグラが通販できることに驚く男性

バイアグラの購入は病院処方か海外通販に限られる

バイアグラは処方せん医薬品です。薬局やドラッグストア、Amazonや楽天などでは購入できません。バイアグラの購入は、病院処方か海外通販に限られます。

バイアグラを病院で購入すると費用がかさみますが、海外通販で購入すれば安い価格で購入できるのです。

バイアグラは処方せん医薬品、ドラッグストアでは売ってない

バイアグラは、ドラッグストアや、Amazon、楽天といった通販サイトでは市販されていません。バイアグラは「処方せん医薬品」に分類されるため、購入するには必ず医師の処方を受ける必要があります。

バイアグラは、世界初のED治療薬として1998年に発売され、世界中で利用されるようになりました。当時、国内ではバイアグラは流通していなかったため、入手するには個人輸入を利用する必要がありました。しかし、重い副作用による死亡事故が続発したため、1999年に、処方せん医薬品として国内で正規販売されることになったのです。

バイアグラが処方せん医薬品に分類されているのは、患者が自己判断に使うことにより、重い副作用が起こるのを防ぐためです。

バイアグラは、血管を広げる作用があるため、使用すると血圧が低下します。そのため、狭心症の治療で血圧を下げる薬を飲んでいる人や、もともと血圧が低い人が使うと、血圧が下がりすぎてしまいます。血圧が下がりすぎると、脳や臓器に血液が行き渡らなくなります。その結果、命に関わる事態に発展する危険性があるのです。

自分がバイアグラを使って問題か、患者が判断するのは困難です。そのため、バイアグラを使うには、医師の診察と処方を受ける必要があります。

バイアグラを病院で購入する・低リスクで高コスト

バイアグラは「処方せん医薬品」に分類される薬のため、医師の処方を受ける必要があります。バイアグラは、内科や泌尿器科、ED治療専門のクリニックでで処方してもらうことができます。

医療機関では、問診票を記入したうえで、医師からの問診を受けます。場合によっては、血圧や脈拍、心電図の測定や、血液検査、尿検査が行われることもあります。

診察のために、服を脱いで局部を見せるようなことはありません。

診察や検査の結果、EDと診断されたら、バイアグラなどのED治療薬の処方せんが出されます。ED治療薬は、院内で処方されることが多いです。薬局で処方される場合もあります。

ED治療には、健康保険が適用されていません。そのため、自由診療扱いとなり、診察料や検査費、薬代はすべて患者による自己負担となります。

医療機関の中には、1度通院してカルテを作成すると、オンライン処方をしてくれるところがあります。

診療時間内ならば、電話による遠隔診察が行えます。遠隔診察が終われば、指定の配送先にED治療薬が届けられます。通院する時間がない、病院にいくのがどうしても恥ずかしい、という人は、オンライン診療を利用してみましょう。

バイアグラを通販で購入する・高リスクで低コスト

バイアグラなどのED治療薬は、海外から通販することもできます。

日本国内では、バイアグラは処方せん医薬品に分類されています。そのため、入手するには医師の処方が必要です。ドラッグストアや通販サイトでは取り扱っていません。

しかし、通販(個人輸入代行)サイトを利用すれば、医師の処方がなくてもバイアグラを購入することができます。海外にある通販サイトを利用して、海外版のバイアグラを購入するのです。もちろんバイアグラ自体は国内製のものと効果に違いはありません。

通販サイトでは、まとめ買い割引やポイント還元制度があります。また、病院のように診察料や検査料がかからないため、病院で処方を受けるよりも、費用を節約できます。

通販サイトで購入した商品は、中身がわからないよう梱包されたうえで送られてきます。伝票に「バイアグラ」と商品名を書かれるようなことはありません。サイトによっては、郵便局留めを指定することもできます。

一方、通販サイトのなかには悪質なサイトも存在するので、注意が必要です。そのようなサイトを利用すると、お金を騙し取られる恐れもあります。

病院で処方される薬を使って健康被害が起こった場合は、医薬品副作用被害救済制度によって、治療費が給付されます。しかし、通販サイトで購入した薬は、自己の責任の元に利用します。万が一のことが起きても、救済制度は適用されません。(情報の参考サイト:トリキュラー通販

バイアグラの値段はいくら?病院と通販で価格比較

バイアグラの値段は、病院価格も通販価格ほぼ同じです。ただし、医療機関では、薬代以外に検査料や診察料が加わるため、結果的に割高になることが多いのです。

また、病院がバイアグラを処方する価格は、医療機関が個々に価格を決定(自由診療)します。都市部で割安、地方で割高など、地域によってもばらつきがあるのです。

バイアグラの病院価格は1500円が目安

バイアグラの価格は、医療機関によってばらつきがあります。

医療機関でバイアグラを処方してもらう場合、1錠あたりの相場は、1,300円から1,500円前後です。

バイアグラは、ジェネリック医薬品が処方されることがあります。バイアグラのジェネリック医薬品の価格は、900円前後です。さらには、受診した医療機関によっては検査料や診察料も加わります。

新宿ウエストクリニックでは、バイアグラ25mgが1錠1,300円、50mgが1錠1,500円で処方されます。ジェネリック医薬品の価格は、25mgが1錠900円、50mgが1錠1000円です。

浜松町第一クリニックでも、バイアグラ25mgが1錠1300円、50mgが1錠1500円で処方されます。ジェネリック医薬品は、「シルデナフィルOD錠50mgVI『トーワ』」が1錠1000円、「シルデナフィル錠25mgVI『キッセイ』」が1錠650円です。

「荻窪前クリニック」では、バイアグラ50mgが1錠1400円、ジェネリック医薬品の50mgが1錠850円です。荻窪前クリニックでは、初診料が2820円、再診料が720円かかります。

バイアグラの通販価格も1500円が目安

通販サイトを利用してバイアグラを購入すれば、病院で処方を受けるよりも費用が抑えられます。

主要な通販サイトで注文できるバイアグラの価格を比較してみましょう。

あんしん通販マートでは、バイアグラ50mgの4錠セットが6480円で販売されています。1錠あたりの値段は1,620円です。

オオサカ堂では1錠あたり1,614円、アイドラッグストアーでは1錠あたり1,270円です。

薬そのものの価格は、病院と大きな違いはありません。一方、個人輸入代行サイトでは、日本国内では取り扱いのない100mgが販売されています。

アイドラッグストアーでバイアグラ100mgを注文する場合、1錠あたりの値段は1,295円です。1錠あたり1,270円の50mgと、価格差はほとんどありません。100mgはピルカッターなどで半分に割れば、2回分使うことができるため、費用がより節約できます。

また、個人輸入代行サイトでは、バイアグラのジェネリック医薬品が病院よりも安く販売されています。

オオサカ堂では、バイアグラのインド製ジェネリック医薬品「カマグラゴールド」が4錠入り1,123円で販売されています。1錠あたりおよそ280円となるため、費用を大幅に節約することができます。

また、個人輸入代行サイトでは、まとめ買い割引がされます。あんしん通販マートでバイアグラ50mg(4錠入りで6,480円)を2個まとめ買いした場合、本来は12,960円のところ、1,196円割引されて、11,794円になります。

バイアグラの病院価格にバラつきがあるのは自由診療だから

バイアグラの値段は、病院やクリニックで異なります。それは、バイアグラが保険適用されないからです。

国から承認を受け、保険が適用された薬は、価格が公的に定められています。国に決められている薬の価格のことを「薬価」といいます。バイアグラは保険適用外のため、薬価が定められていません。そのため、処方する医療機関が価格を設定することができるのです。

保険が適用されない薬の処方や治療は「自由診療」といわれます。

保険適用の薬の処方や治療、診察は、3割負担になるのに対し、自由診療は全額自己負担となります。

バイアグラに保険が適用されないのは、理由があります。

バイアグラの治療対象であるEDは命に関わるものではありません。また、バイアグラはEDの症状を一時的に改善するだけで、EDを完治させる薬ではありません。このことから、厚生労働省は、バイアグラは保険対象にするべきではないと判断しているのです。

現状では、医療機関でED治療を受けるより、ED治療薬を個人輸入する方が安価になります。一方、医師の診察を受けず、自己判断でバイアグラを使用すると、重い副作用や思わぬ健康被害を被る恐れがあります。そのため、病院でバイアグラを処方されるのと、バイアグラを個人で輸入するのは、一長一短となります。

バイアグラを通販する!?バイアグラの個人輸入を解説

バイアグラの通販とは、バイアグラを海外から個人輸入することを指します。利用できるのは外国製のバイアグラです。

個人輸入と聞くと簡単ではない印象を受けるかもしれませんが、実際の手続きは代行してくれる業者に依頼します。個人輸入代行業者を通じて、バイアグラを通販するのです。

個人輸入の煩雑な手続きは代行業者におまかせ

バイアグラは、個人輸入という形で入手することができます。個人輸入とは、海外の商品を、自分で使うために取り寄せることです。

個人輸入を利用してバイアグラを購入すれば、病院に行く手間が省けたり、病院で処方を受けるよりも金銭的負担を減らしたりすることができます。

バイアグラの個人輸入は、個人輸入代行する通販サイトで行うことができます。通販サイトでは、代行業者が、輸入に必要な手続きを代わりに行ってくれます。海外でしか売られていないバイアグラが、Amazonや楽天といった、一般的な通販サイトのように買い物できます。

バイアグラの輸入は、個人が自分で使う場合に限り、合法とされています。そのため、転売したり、誰かに譲るために行うことはできません。大量に買い込んで、知人や友人、若しくはネット上で不特定多数に転売してしまうと法律で処罰を受けることになってしまいます。

販売を目的とした輸入と違い、個人輸入には関税がかかりません。ただし、購入した商品の数が多いと、関税がかかることがあります。

個人輸入のメリットは、病院より安い&通販と同様に手軽に買える

バイアグラを、市販されていないため、購入するには病院や専門のクリニックに行くことが必要です。

病院やクリニックでは、薬代だけでなく、診察料や検査料がかかります。また、勃起不全の治療には健康保険が適用されません。そのため、病院、クリニックによっては、費用が高額なることもあります。また、薬が必要になったら、そのつど通院する必要があるため、時間や交通費などのコストもかかります。

通販サイトを利用すれば、時間と費用のコストを下げることができます。

通販サイトの使い方は、Amazonや楽天といった、国内の一般的な通販サイトとほとんど変わりません。パソコンやスマートフォンがあれば注文できます。そのため、病院やクリニックに通院する手間が省けます。

バイアグラを個人輸入する場合も、保険は適用されません。しかし、個人輸入で販売されているバイアグラは、多くの場合、病院で処方されるものよりも価格が抑えられています。

また、通販サイトでは、商品をまとめ買いすることで価格を割り引いてくれるサービスがあります。

注文した商品は、中身がわからないように梱包されています。そのため、ED治療薬を買ったことを配達人や同居している人に知られることもありません。

個人輸入は悪質サイトや偽造薬に注意

バイアグラを個人輸入すれば、通院の手間が省け、処方にかかる費用も抑えることができます。

一方、個人輸入にもいくつかのデメリットがあるので、注意が必要です。

個人輸入代行サイトの中には悪質なサイトも存在します。このようなサイトで購入してしまうと、お金を騙し取られる可能性があります。また、個人輸入で流通している薬の中には、偽造薬が紛れていることがあります。

偽造薬には、有効成分が含まれていなかったり、治療に関係のない成分が含まれたりします。偽造薬を服用すると、重い副作用や、思わぬ健康被害を被る恐れがあります。過去には、個人輸入で購入した薬が原因で、死亡事故が起こったケースもあるのです。

お金を騙し取られたり、偽造薬を購入したりしないよう、信頼性の高い個人輸入代行サイトを選ぶことが大切です。

個人輸入代行サイトを選ぶときは、ホームページに会社の所在地が明記されているか確認しましょう。悪質サイトの中には、会社の所在地を明らかにしていないものや、全く関係のない所在地を記載しているものがあります。

口コミでの評判が良いサイト、保証制度を設けているサイト、利用者数が多いサイトの場合は、信頼性が高いといえるでしょう。

処方された薬が原因で重い健康健康に見舞われた場合、「医薬品副作用被害救済制度」が適用され、治療費が支払われます。しかし、個人輸入で購入した薬にこの制度は適用されません。

バイアグラを通販するならここで!信頼できるおすすめ3サイトを紹介

バイアグラの通販は、個人輸入代行業者を介して行います。検索するとたくさんの通販サイトが見つかると思いますが、なかには悪質な詐欺行為をはたらくサイトや、偽造薬を送りつけてくるサイトもあります。バイアグラの価格も安くて信頼性の高い、おすすめの通販サイトを紹介します。

注文手続きは一般的な通販サイトといっしょ

バイアグラを個人輸入で購入する場合、通販サイトを利用しましょう。

まず、注文したい商品を見つけたら、個数を選択してカートに入れます。料金は日本円とドル表記がなされているので、実際にいくら掛かるのかわかりやすくなっています。

その後、注文方法を選択し、届け先を入力、最後に注文ボタンを押せば完了です。お金が振り込まれたあと、入金確認メールが届きます。

商品が届くまでの日数は、おおよそ5日から2週間です。

通販サイトは、基本的に会員登録制です。ただし、会員登録なしでも、買い物自体は可能です。会員登録すれば、商品を購入するたびにポイントが貯まったり、クーポンが配布されたりするため、よりお得に買物ができます。

支払い方法は、銀行振込を基本です。サイトによっては、クレジットカードや電子マネーで支払うこともできます。

バイアグラは性に関わる薬であることから、買ったことを周りに知られたくないという人もいるでしょう。通販サイトで注文した商品は、中身がわからないように梱包されて送られてきます。伝票に「バイアグラ」と書かれるようなことはありません。また、配送先を郵便局留めに指定することもできます。

早くて安くて安心!おすすめの通販サイトと特長

安くて安全に個人輸入を代行してくれる通販サイトを紹介します。

アイドラッグストアー

アイドラッグストアーは、通販サイトの中でも最大手といわれています。主要サイトの中で唯一、日本の会社が運営しています。取り扱っている商品は、国内の公的機関で成分分析を受けているなど、商品の安全性に配慮がされているのが特長です。

まとめ買いすることで、価格が割引されます。また、同じ薬を定期購入を申し込むことで、毎月同じ日に、商品が届くようにすることもできます。銀行振り込みやクレジット払いだけでなく、後払いも可能です。

あんしん通販マート

あんしん通販マートは、ポイント還元率が高いのが特長です。また、まとめ買いしたときの割引率では、大手サイトの中で最も高いのも、あんしん通販マートの強みです。

支払い方法は、銀行やクレジット払いの他にビットキャッシュも利用可能です。

オオサカ堂

最後に、通販サイトの中でも最大手といわれているのがオオサカ堂です。オオサカ堂は、20年以上にわたって運営が続いているため、信頼性の高いサイトといえます。

購入金額にかかわらず、送料が一律で無料なのが特長です。商品は5日から10日で届きます。会員ランク制度があり、1カ月以内に買い物額によって、ランクが上がっていきます。ランクが上がると、ポイント還元率が高くなるため、継続的に個人輸入を利用する人におすすめです。

悪質な業者の詐欺行為や偽造薬に注意

通販サイトの中には、悪質なサイトも存在するので、注意が必要です。

悪質サイトを利用すると、お金を騙し取られたり、偽造薬が届いたりするといった被害を受ける恐れがあります。そのため、利用するサイトが悪質サイトでないか、十分注意する必要があるのです。

悪質な通販サイトには、いくつかの特徴があります。

他のサイトに比べて、商品の価格が安すぎるサイトは、悪質サイトの可能性があります。通販サイトで商品を買う際は、複数のサイトを確認して、相場を確かめるとよいでしょう。

機械翻訳したような不自然な文章や、誤字・脱字が目立つサイトも、悪質サイトの可能性があります。

運営会社の情報が明記されてないサイトは、信頼性に欠けます。通販サイトを選ぶときは、「運営者情報」「特定商取引表示」というページを見て、運営者情報がしっかりと記載されているか確認しましょう。

悪質サイトの中には、名前やページのデザインを、大手サイトに似せたものも存在します。どのサイトを選べばいいかわからない場合は、Q&Aサイトや口コミサイト、SNSでの評判を参考にするのもよいでしょう。